ワックス

ほったらかし

明日から4月だってのに何なのこの寒さ!
コタツから抜け出せないじゃないの・・・

去年10月末に修行と称してワックスで作ってた顔原型ですが、とっくの昔に形全部出すところまでやってたんですが記事にするのが面倒でほったらかしにしてました・・

Dscf1591 Dscf1592  Dscf1593_2
Dscf1594

一応続き書いとくと、線引いたところを目安にワックス盛り付けてワックスペンで均していきます。
正面や横から見てバランス確認しつつどんどん盛って行きます。
盛っては均して、盛っては削っての作業繰り返して出来たのが
これだぁ!
Dscf1611 Dscf1609
ハイ、作業途中の写真撮るの忘れたんです・・・
今回は新作2体予定なので、一回出来た基本の顔で型とってワックス複製してそれぞれのキャラの顔に作り変えてます。
もっと弄繰り回したいところだけど、とりあえず本申請乗り切らないとなので体と服作ります。
髪の毛つかないと何のキャラかわかんねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行再び

本日の更新は2本立てだよ!

ギアーズもホード(ノーマル)を50ウェーブまでクリアできてひと段落着いたので原型を再開します。
WF冬は参加申し込みは済んでるけど版権申請はしていないので、手を動かす理由を作らないと
というわけで「修行再び」としてワックスで顔パーツ作る記事を書くことにしました。

材料はワックス(ZENとFUSE)
温蔵庫、ワックスペン、アルコールランプ、ワックスなめらか~等使って作成していきます。

Dscf1581
一番右はななこの原型になったワックス原型です。
これはスカルピーで一次原型作ってワックスに置換して細部を詰めました。
今回はゼロから顔パーツ作って行こうかと
まず、
作りたい大きさ丸めたワックスを爪楊枝を刺してもち手をつけます。
次に
球体から削ったり盛ったりで、目的のキャラクターの輪郭を出します。

Dscf1591
目の位置やらあごのラインを見るために線を引いて大丈夫そうか確認

次回へ続く
注)超手探りで作業進めてるので作り方間違ってるかもよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新素材

夏のWFに向けて行動を開始しました。

なんでか本申請の日程が短くなっていてやべぇ!

夏のWFは新しい試みとしてワックスを使ってやってみようと思います。
全部というわけではなく一部をワックスで造形します。

スカルピーで1次or最終まで持っていってワックスで作る部分は置換という流れで作っていきます。

等身を決めるにあたり、とりあえず顔からスカルピーで作成
Dscf1407

今度作るキャラクターは子供(?)なのでいつもよりちょっと小さめに作ってます。
で、こいつを置換する為に、この前のWFの残りのシリコンで型取します。
Dscf1416 Dscf1417
紙コップによる引裂き型というやつです。
やり方は大体公開されてるので割愛、ひとつアドバイスとしては写真右のように淵に切れ込み入れて割り箸が動かないようにするくらいでしょうか。

Dscf1422
真空保存容器に入れて脱泡しつつ硬化を待ちます。

そして出来上がった型にワックスを流し込んで置換すれば・・・
Dscf1426
ワックス原型の土台が出来上がり。
型が失敗気味だったので、この後修正作業をしてから本格的にワックス造形に入ります。

次回に続く

ワックス造形をするにあたり色々と道具をそろえました。
ワックスペンからアルコールランプ、溶かして使えるように金属の器やら・・・
肝心のワックスは怪物屋さんで買ってきました。
ゼンとファズ(名前あってるだろうか?)ワックスの2種類があります、ゼンをメインで使うと思いますがとりあえず両方購入してみました。
500g入りで2500円という価格でした。
Dscf1406
素材のストックを手元に置いておきたい性分なので、ゼン2ファズ1ずつ買っていますが、削った分を繰り返し使えるので1つで十分な量だとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)